スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ごめんね、助けてあげられない」 森絵都さんの手記より
2008年09月27日 (土) | 編集 |
毎日新聞掲載「森絵都の君と一緒に生きよう 」の記事を知ったメンバーのひとりが、短い動物愛護週間の終わりに自分のブログに思いを綴っていました。

森絵都の君と一緒に生きよう - 毎日jp(毎日新聞)

変動する政界や不公平だらけの社会、弱いものへと容赦なく牙を剥く凶悪な事件・・・
もちろんホッとするようなささやかな地方の記事などに混ざって、この連載はたくさんの人々の心を揺さぶったに違いありません。
いいえ、そうであって欲しい。
ただ「かわいそう」では済まされない現実があなたの住んでいる街にも起こっているのです。

「ごめんね、助けてあげられない」
管理所の重い重いドアを開け、悲痛なまなざしの洗礼を受けた者だけが知るこの言葉の重み。



今日から、北部地区はフリーペーパー「スマイル」が配布されます。
制作サイド側からのお心遣いで「里親募集」のページをお借りしています。
北部地区の数頭と、玖珠方面の数頭のみ掲載されています。
北部地区のみ、詳しい内容等はこちらのアドレスまでお問い合わせ下さいませ。

peanuts119@gmail.com


「不幸な動物を増やさない為には利益優先の繁殖をやめること。避妊・去勢をすること。
変わるべきは人間の姿勢なのです。」



そして・・・森絵都さんの記事にあるように、
 「なぜせめて安楽死をさせてやれないんだろうね」

ガス室で殺処分されることを「安楽死」と勘違いしている方が多いですが決して楽に死ねるわけではありません。もがいてもがいて想像を絶する最後なのです。
処分の日を待つその間も絶望的な日々を送るのです。
人間だったら耐えられますか?
そしてその費用は私たちの税金なのです。
大分に愛護センターが無理ならば、森絵都さんの言う注射を用いた安らかな安楽死を考慮すべきです。
もちろん尊い命を人間の手で消すことには反対ですが、せめて、せめて安らかな最後を願います。



こうしてお会いしたこともないあなたに伝えることも私たちの使命です。
『「ごめんね、助けてあげられない」・・でも・・、 』
この言葉の意味をあなたの大事な誰かに伝えて下さることが誰にでもできる愛護の一歩です。





コメント
この記事へのコメント
スマイル毎月見てますi-71

うちも、いつも野良犬達を見ると『救えなくてごめんね;』って
思ってます。

2008/09/29(Mon) 20:19 | URL  | ゆん #-[ 編集]
ゆんさん、初めまして。コメントをありがとうございます。
そのゆんさんの優しい気持ちをゆんさんの大事な人たちにもぜひ伝えて下さい。
小さな命を救えるきっかけになるかもしれません。
今後ともよろしくお願いいたします。
☆昨日からすっかり秋らしくなりましたね。ご自愛下さいませ。


2008/09/29(Mon) 20:47 | URL  | HOME PEANUTS #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。