今年を振り返って。
2008年12月30日 (火) | 編集 |
HOME PEANUTSとして北部地区を中心に活動を開始した今年。
このブログでは記していない部分も含めて、本当に悔しい思いが多かったかも知れません。
何よりも痛烈に肌で心で感じた悔しいことは、

保健所や管理所で死を待つ子も、
道端に捨てられた子も、
どんな犬や猫も、
「殺されるに足る理由が無い」ということ。


大分管理所での処分の日、毎週金曜日がほんとうに悔しいのです。



保健所や管理所の中には、仔犬を含め未来ある犬たちがたくさん居ます。
もちろん、全ての子が健康で性格も良く、100点満点なんてありえません。
ほとんどの子が、病気や怪我、心に深い傷を負っています。
大分県にはそのような犬たちを一時保護して、時間をかけて、新しい家族へ戻す環境も設備も予算もありません。ささやかに個人ボランティアが動いているのみです。


このブログにアクセスして下さった皆さんの中に、
そんな犬や猫を家族に迎えて下さる方はいらっしゃいませんか?
里親登録して下さいませんか。

そして、今後私たちが必要とするであろう、医療費や医療品などを少しでもご支援頂けないでしょうか?

それから・・
もしも同じ気持ちでこのような活動に賛同して下さる方が居ましたら、サポートメンバーとしてお手伝いして下さいませんか!




来年度のピーナッツ会議で詳細決定しますが、どうにか大分県・・まずは北部の犬や猫の処分頭数を減らしたいと考えています。ぜひご支援をお願い申し上げます。
尚、お問い合わせ等はメールにてお願い致します。



きっと来年も痛みを伴うことばかりでしょう。
しかし、犬や猫たちの立場に自分を置き換えて「痛み」を感じることは実は最も大事なことのように思うのです。
社会全体が「悪」として排除してきた「痛み」を全ての人間が感じることができれば、殺処分も無くなると思います。

私たちもまた一歩踏み出します。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



HOME PEANUTS メンバー一同





2008年秋、管理所にて。





コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/30(Tue) 16:35 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック